« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/27

'09 4/26 富士川水系

午後から、ちょこっと釣りに行ってきました。
4/5に行った、大欠伸岩魚の渓です。
Dsc_1

車止めには4台の先着車。coldsweats01

Dsc_2_3




本日一発目。happy01

反応は上々、ポイント毎に魚が飛び出します。

Dsc_3_2

水の中から・・
モニターが見えないので、アングルが難しい・・(^^ゞ

Dsc_4

美白のお嬢さん。heart04

Dsc_5

ピンボケ・・・

好調だったのは100m余り。

頭を撥ねられたらしく、急に反応はシビアになりました。
でも、飽きない程度には遊べましたが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/04/12

ご近所の渓

うちの工務店に出入りしてるペンキ屋さんから(ルアーマン)、
「33岩魚を頭に、15くらい(数)岩魚がでたよ!」
なんて話を聞いちゃったら、もう行かずにはいられません!coldsweats01
ご近所の渓に行ってまいりました。
いつもの入渓点より下流をやりたくって、斜面を降りて行きます。
すぐにスズ竹(高野竹)の猛烈な藪になり、沢伝いに何とか路を求めるも、途中で絶壁・・・
また藪を逆戻り、別ルートでどうにか谷底へたどり着きました。
もう汗だくのへろへろ・・・ゴミまみれsweat01
Dsc00402_3  

でもすぐにヤマメちゃんがお出迎え。happy01










 








Dsc00405



 

 

こんなんもでました!
ヤマメと岩魚の交配種?
イワメかな?

 

Dsc00406


 

ヤマメみたいな感じでアタックしてきました。


7寸級もでるもののバラシ連続weep

Dsc00408 ようやく8寸チョイがでてくれました。
今季初岩魚。

楽しかったけど、尺上は出なかったな・・coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/06

'09 4/5 富士川水系

先週の、大欠伸の寝ぼすけくんが忘れられなくて(^^ゞ
今週もまた行っちゃいました。
またまた八さんとご一緒です。
今回はエサおじさんのラッシュでした・・・
先週の欠伸岩魚のポイントは先客あり。てくてく上流へ・・sweat01
やっと入渓すると、初っぱなから8寸アマゴ!
Scimg0014 まだひょろひょろですが、嬉しい1尾です!
八さんも1発目!
お互い幸先良いスタートです!
期待が多いに膨らむも後が・・・sweat02

途中で大岩の深瀬から、ヌッと9寸級の岩魚が浮上してパクッときましたが、まだスローなんですね。
喰いが浅く、カスった手応えを残して深みに去っていきました。weep

6寸級は幾つか出るものの、まだ峪の春は浅いようです。







Dsc00387

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/02

'09 3/29 山梨富士川水系

前回記事の詳細です。
某MLでお世話になっているTroutWaterさん(トラさん)と、久しぶりにご一緒しました。
現地に詳しいtakiさん、八兵衛さんにもご同行願い、自分もかねてより行ってみたかった、富士川水系の某支流に釣行しました。
水色、渓相も抜群ですが、数日前からの寒の戻りで、少々タフなコンディションです。
ぼちぼちと、渓魚の反応を楽しみながら遡行します。
いかにも!って感じのポイントが多く、シビアな状況ながらも、楽しい遡行です。
Scimg00122
時折8~9寸級の魚影も見えます。
落ち込みの石裏の、沈み石との間のポイントにもまあまあの魚影。八兵衛さんは魚を見つけるのが抜群に早く、的確なアドバイスを送ってくれます!
水流が遅いポイントにフライを留めると、ユラ~~~っと岩魚が浮いてきて、ジ~~~っとフライを眺めています。
(をを~~!!喰え!喰えっ!!)
じりじりして見てると、スーーっとフライに近寄り、”ふわ~~”と大欠伸!!
忍野でサイトの釣りを良くやるもんで、口が開いた瞬間に思わず体が反応しちゃいました。(^^ゞ
当然すっぽ抜け。

その後、堰堤下の大場所でも、まあまあの型が2つ出たもののフッキング成らず。

まだ渓の春は浅く、岩魚はスロー。
アマゴはヒョロヒョロでした。
春爛漫が待ち遠しいです!

イブは忍野へ。
忍野温泉裏ではヒゲナガのライズ頻発。
やはりアダルトの釣りが楽しいのですが、どうもフッキングが今1つ。
柔らかくて、軽いパターンの捏造が必要です。
効率を考えればピューパなんだろうけど、アダルトパターンに”ゴボンッ!!”てのが、ヒゲナガの釣りの醍醐味ですよね!
Dsc00386

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »