« 奥飛騨釣行 前編 | トップページ | シルクライン »

2009/06/09

奥飛騨釣行 後編

高巻き完了。
再入渓、仕切り直しです。

Dsc00515_2

ぼちぼちと反応はあるものの、どうも芳しくありません。
1級のポイントからは反応は薄く、竿抜けのポイントを選ばないと釣れない感じ・・・
しかも、サイズは20センチ前後・・・
たまに8寸級が混じる程度。

トラさんは枝沢に入っていきました。

んん??何かホイッスルみたいな音が聞こえるぞ?!
!!!shock
渋いわけです、先行者あり。
沢割りの相談をして、更に上流を目指すことになりました。

枝沢のトラさんの元へ。
えっちらおっちら、ようやくたどり着くと、見事な尺上の撮影中!
源流釣師の面目躍如です。
協議の結果、自分とチュンさんは本流、トラさんは枝沢を詰めることになりました。

本流はかなり攻められているようで、どうも今一です。weep
それでも、9寸級が竿を絞り込みますが、悉くバレてしまいます。coldsweats02

どうも不完全燃焼のままタイムアップ。
数はまあまあだったから、良しとしなくっちゃ!
枝沢を攻めたトラさんは尺上2本!
ご満悦でした。

下山後、トラさんが、飛騨牛の朴葉味噌焼きをご馳走してくれました。
Dsc00521
朴葉の香りに、味噌と隠し味のバターが絡まり、絶品の味覚!!
付け合せのウド、姫筍、しし唐も美味かった~~
トラさん、ご馳走様!アリガト!!
Dsc00523

チュンさんにもガイドをして頂き、誠にありがとうございましたm(__)m
お手製フロータントも重宝しました!

梅雨明けにはリベンジに行きますよ!!
またご一緒してくださいね!


|

« 奥飛騨釣行 前編 | トップページ | シルクライン »

コメント

先日はお世話様でした。
ウラをかいたつもりが・・・、渋いハズですね。
梅雨明け後にまたお願いします。
今度は思う存分・・・、なワケないか?。happy01

投稿: チュン | 2009/06/09 22:38

9寸クラスのバラシは残念でしたね~。
でも、魚はさすがに綺麗ですね。
8寸が出れば、そこそこに楽しかったのでは?

飛騨牛のディナー、めちゃ旨そうですね~happy02

投稿: よねさん@鱒美 | 2009/06/09 22:54

こんばんは!(^^)
初めての渓は、ワクワクしますね。
飛騨牛の朴葉味噌焼きは美味しそうですね。

投稿: アマゴ27 | 2009/06/09 22:59

あっちの岩殿は綺麗ですね
あぁ~~朴葉味噌ええですね
うどまで あグァ~~~▼$%#~~~

写真でよだれがでました♪

投稿: 八兵衛です。 | 2009/06/10 18:15

チュンさん、先日は大変お世話になりました。
でもよくよく考えてみれば、後追いでもあれだけ釣れたんだから、やはり良い渓ですよね。
梅雨明けが楽しみです!

投稿: 日曜釣師 | 2009/06/10 21:31

よねさん、毎度です!happy01
あの渓の好条件の時を知っているので、少々物足りませんでしたが、
十分に愉しめましたよ!happy01
飛騨牛ディナー!最高でしたよ!restaurant

投稿: 日曜釣師 | 2009/06/10 21:35

アマゴさん、毎度です!happy01
いやー、数年ぶりの渓でしたが、
やはり遠征はいつもの釣行とは一味違いますね!
今度いかが?

投稿: 日曜釣師 | 2009/06/10 21:37

八さん、毎度です!happy01
いやー、釣りもさることながら、山菜もいっぱいありましたよ!
ウド、タラの芽、ワラビ、イタドリ・・・
釣りの帰り路、イタドリをかじりながら歩いてきました。
あれは、のどの渇きも癒えるし、疲労回復にも効果ありそうです。

投稿: 日曜釣師 | 2009/06/10 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84059/45289709

この記事へのトラックバック一覧です: 奥飛騨釣行 後編:

« 奥飛騨釣行 前編 | トップページ | シルクライン »