« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/25

南ア ラストスパート!

シーズン終了間際、走り出したら止まらない暴走機関車!(^^ゞ
駆け込み釣行は、テン泊1泊二日です。

こちら、ご同行いただいた八兵衛さん。
Dsc00627

幕営準備完了後、早速釣り開始!

Scimg0218

10日足らずのうちに、相当水量が減っています。
連休でかなり釣り人も入渓したようで、プレッシャーも高いようです。
最初はシビアで、小型の反応ばかりでしたが、時間とともに、ぼちぼちとイワナたちの活性もupしてきました。

Dsc00633_2

Dsc00645_2

前回、良型が多数ライズしていた堰堤上のプールは、見る影もない大減水・・・coldsweats02
ライズも低調、思惑が外れてしまいました。
ここで、1日目の釣りは終了。
数はそこそこ、型は今一つでした。
夜は痛飲beer昼間の疲れもあり、爆酔状態で速攻爆睡sleepyでした。

2日目、数より型が欲しいなあってことで、下流に望みを賭けました。
思惑は早々に当たり、流芯の脇のたるみで泣き尺!

Dsc00642

堰堤下のプールの小さいライズ、#18のアントで待望の尺!
大石に潜られそうになるのを強引に引きはがし、落ち込みの急流に逃げるのも何とか堪え、スリリングなランディング。
喜色満面、サイズを測るとジャスト尺happy01
写真写真heart02
セッティングも終わり、いざって撮影って時にどったんばったん暴れだし、さよーならーーcoldsweats02
皆さん、ホントですよーー、信じてね・・sweat01sweat01

Dsc00644

もう達成感で一杯・・・まだまだ時間はありましたが、お昼過ぎには納竿しました。

八兵衛さん、お付き合いありがとうございました!
とても楽しかったです!
ラストスパート!次がラストです!!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/09/15

秋の南ア

どうにか、今季2回目coldsweats01南アの峪に降り立つことができました。
前回の釣行は5月、遥か下流だったし、8月は、登山バスの駐車場に着いた途端に猛烈な腹痛に襲われ、釣りどころではなくなり、やっとの思いで帰宅。(2日間寝込んじゃいました・・・)
今回も、直前に釣行が危ぶまれる事態が起こりましたが、どうにか回避でき、シーズン終盤にして、ようやく天上の楽園行きの切符を手にすることができました。

Dsc00609

同行いただいた八兵衛さん。

Dsc00612

抜けるような青空とtakiさん。

天上の楽園は秋の訪れも早く、入渓時の水温は8℃弱、岩魚の活性もまだまだです。
頭上高く日差しが昇るにつれ、岩魚の活性も高まり、フライへの反応も活発になってきます。

Dsc00613

堰堤下のプールで遊弋していた岩魚。倒木の枝に捲かれてしまいましたが、どうにかキャッチ。

婚姻色をまとい始めた岩魚たちは、食欲も旺盛で、果敢にフライへとアタックしてきます。

Dsc00621

堰堤上のプールにはかなりの岩魚がストックされており、ライズも頻発、フライへのアタックも上々です。
ここで八兵衛さんが、超大物のライズに奮闘中。
ついにフッキングも痛恨のバラシ。orz

3人で、夢中に釣りあがると、思いのほか早く退渓地点まで来てしまいました。
色々検討しましたが、少し下ってから、再度同じ流れを釣りあがることにしました。
荒喰いモードの岩魚たちは、気温の上昇とともにさらに活性が上がり、反応はばっちり!up

Dsc00624

正にヘッド&テール!全身を顕わにして ”ガボン!!” と出ました!!
「うおおおーーー!!」
思わず2,3歩仰け反ってしまいました!
自分のドライフライフィッシング史上、最高の出方でした!気分爽快!

Dsc00626

抜けるような青空に、渓谷の爽快感!
やっぱ峪の岩魚釣りはいいなあ~~!
最高の気分転換になりました。

takiさん、八兵衛さん、そして、情報を提供してくださった埼玉のSさん、本当にお世話になりました!
残りシーズン僅か、まだまだ行きますよ!!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009/09/02

奥飛騨釣行

09 8・29~30今季2回目の奥飛騨釣行に行ってきました。
早朝5時に友人(チュンさん、トラさん、お初のnarukawaさん)たちと落合うも、既に小雨がぱらつく生憎の空模様。despair

お目当ての源流は、甘くみるとマジでヤバイとこなんで、泣く泣く行き先変更。weep
(今年はやっぱ、釣りはとことんツイてないなー)テンション90%ダウンdown・・・
4人であれこれ協議しますが、如何せん良い逃げ場が見つかりません。
それでも、どうにか小渓のU谷にたどり着き、前回からの恒例行事の乾杯!beer

Dsc00598

Dsc00599

同行のnarukawaさん、チュンさんがアマゴをキャッチも、反応は最初のみ。
その後はあちこち流転の末、釣りもままならずに、テン場にひとまず落ち着きました。
このままでは終われないトラさん以外の3人は、近くの超有名河川にイブを狙いに行きました。
ここで、ようやくちっちゃい岩魚をキャッチ。
反応もボツボツ。しかしスレてるなー。

Dsc00600

秋の早い日暮れの中、最後にたどり着いた大場所!
ここで#16のエルクに”ポツン”ときました!
こいつが静かなバイトの割りには良形で、グリグリ!ギューー!!heart04up
直後にプツン!!orzcrying
逃げた魚はホントに大きいんです・・・coldsweats01
ここでライズが始まったんですが、如何せん時間切れ。
後ろ髪をひかれる思いで退渓しました。
この後、渡渉を2回。ノロで滑る底石にヒヤヒヤもんでした。
すっかり大場所で嵌ってしまったため、同行のお二人にはすっかりご迷惑をお掛けしました。m(__)m

後はもう1つのお楽しみ、温泉spa浸かって、呑んでbeer、喰ってrestaurant
友人たちと夜空のもとでの語らい。
釣りはイマイチでも、至福のひと時です。confident

翌朝は朝から、トラさんにこれまた恒例の、飛騨牛の朴葉味噌焼きをご馳走になりました。
旨かったなあーhappy01
トラさん、いつもありがとう!

Dsc00602

Dsc00603

ご同行いただいた皆様!釣りはイマイチでも、とても楽しい有意義な休日でした!
また行きましょうね!


| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »